NewLife,NewSelf わたしを生きるNewLife,NewSelf わたしを生きる




「愛でよ 歌えよ 咲けよ」



ありがとうの詩(うた)とコラム









愛でよ 歌えよ 咲けよ


その心に一切の迷いなし 一片の曇りなし 一滴の憂いなし


愛でよ 歌えよ 咲けよ


その生に千遍の叡智を 万遍の息吹を 億遍の響きを





愛のわたしの言葉は、愛のあなたの言葉。


もしも、この言葉(エネルギー)が、あなたの内にすでにあるものが目覚め、何かに気づくきっかけになれば幸いです。








「もう、古いゲームは終わったんだよ」






新しい生命、新しい自己


受容すること、手放すことは、ここでは自然なこと


この愛の光の空間であるだけで、エネルギーは勝手に動く



古い世界は、男性性主導の世界です。どうにかしようとする世界なんですね。


まだまだ地球では、そちらのほうが主流です。


その世界では、受容すること、手放すことも、「行為」になってしまうんです。男性性に偏った世界では。


手放そう、受け容れようと頑張ってしまう。それが分離したマインドの世界のコントロール。





人間は自分のみならず、幻想の分離した他者をもコントロールしようとしてきたんですね。


幻想ということは、すべて嘘ということ。


嘘の幻想に一喜一憂してきたのが、自我の私たちなんです。


だから、いま、あなたがどんなに悩んでいても、苦しんでいたとしても、それはすべて嘘なんです。


嘘だと知っていれば、どうにかしようとすることもなくなるのですが。


それはもう、本当の意味で知っているという状態なんですね。


神である人間の状態です。


この神性の世界では、そのコントロールはありません。受容も手放すことも自然なことなんです。



神性の世界というのは、正確に言えば、神性と人間が統合された世界。



それが、ここではもう基本としてお伝えしている第三の空間です。


第一の空間は、過去のワンネス。


第二の空間は、分離した人間の世界。


そして、この第三の空間、それが新たなるあなたが生まれる空間なんです。



そうして自分の世界、自分の宇宙の数多の陰陽が統合された愛に還っていくたびに、あなたの宇宙は澄み切っていきます。


同時に、あなたの素直なうれいしい思い、ときめきも、スムーズに現れるようになるんですね。



安らぎと、ときめきは、いつもセットです。安らぎが深くなるたびに、本当のときめきやわくわくが湧き上がってゆく。



そのたびに、余計な力は抜けていき、とてもいい感じに力が抜けた状態に。



そして新しいエネルギーが生まれてくる。あなたの内から。



あなたという生命の回転数が上がり、主(神)の身になり切った状態。



「ちはやふる」状態です。参照:第31話 「千早振る」



神である、あなたの内にあるものを表現して生きる、新しいエネルギーの創造主の誕生ですね。


それは、すでにそうである、なりたいあなたになる、なりたいあなたであるということでも。


なりたいあなた、それはもうここでは自然な表現になるんですね。