NewLife,NewSelf わたしを生きるNewLife,NewSelf わたしを生きる




あなたは人間ではありません



ごあいさつ ★ あなたは人間ではありません







こんにちは。晏れい子です。


ようこそ。この愛に満ち、ありがとうに満ち、ときめきに満ち、奇跡に満ちたいまに。





突然ですが、あなたは人間ではありません。


あなたはすべてを含む愛に満ちた光の粒。


そして、あなたという光の粒の内にある世界は


360度、あなたの外側に投影されているのです。


あなたの目に映るもの、そのすべてはあなたなんです。




「I am that I am 新しい宇宙の花」



何からお話しましょうか――。


「わたしを生きる」、このフレーズは2008年から使っています。


実際、「わたしを生きるってどういうこと?」、そう思う人もいるかもしれません。


もっと正確に言えば、「わたし自身を生きる」のほうがいいかもしれませんね。


少し、あとでその理由が分かると思います。


わたしたちは、これまで、本当のわたしを見失い、自我(私)の世界で生きてきました。


いろんな数多の自我(私)に翻弄され、本当のわたしが分からずにいるというのは、この地上にいるほとんどの人がそうだと思うのです。


なぜなら、誰しもが、本当のわたし自身を生きるために生まれてきているからです。


本当のわたし自身を生きる、それはひと言で言うなら、神性と人間が統合された状態なんです。


光の愛のあなた(神性)が、人間の肉体を表現し、人間のわたし自身を表現している。


この愛の世界では、 一点の光(愛)にすべてが集約され、あなたの思い(ときめき)がスムーズに花びらのように循環している状態です。


歩きたいと思ったら(ときめいて)、歩ける。


息をしたいと思ったら(ときめいて)、歩ける。


あのお店に行きたいと思ったら(ときめいて)、行ける。


うれしいあなたの思い、ときめきがスムーズに循環し、出入りしている状態。


それがあなたという新しい宇宙の花が咲いた状態です。


そう、花びらの一枚一枚は、あなたの思いの放物線。一斉にときめきの花びらが咲いたような状態なんですね。


それは愛の花であり、あなたはすべてであるものであり、わたしが表現するものである。


I am that I amの状態なんです。


それは二元の世界の葛藤や争い(概念)がなく、とても平和で穏やかで軽やかで楽しい、うれしい世界なんですね。


「光の世界、愛の世界。本当のあなたに」


あなたが人間だと思い、私はこんな性格、私はこんな人だと思い込んできた「私」は、すべて本当は固定されたものではありません。


そしてもっと言えば、幻です。


あなたは、その肉体でもありません。


それらは、あなたの側面、可能性のひとつです。


低次の自我(私)に執着して同化していると、本来の力を失い、本当に表現したいわたし自身が分からず、自由に表現できなくなってしまうのです。


本来の愛の光の視点で自身の世界を観ることができず、常に同化した自我の世界で、相手という自分と戦います。


これが古い世界の特徴なのですが。


これは光のあなたが低次の波を創り出し、分離した自分を創造し、それにより映し出した相手という自分です。


この陰陽に分かれた、数多の自分を統合していくと、


やがて、あなたの世界はクリアになっていくでしょう。


創造主としてのクリアな視点が戻ってきます。


そして、あなたのなりたいあなたをいま表現することができるのです。


このプロセスにおいては、 あなたは一度バカになったような気になるかもしれません。なぜなら、古い頭を使わなくなっていくからです。あなたがこれから使うのは光のフィーリングであり、光の知性です。一度跳びあがって着地すると同時に


深い愛にグラウディングしていくことが大事になってきます。本当の愛(I am that I am)である状態に。本当の自由に。本当の知性が開花していくでしょう。


すると、他者に愛されても、愛されなくても、どっちでもいいという、とても気楽な状態になっていきます。絶対に愛されなきゃ、絶対に愛さなきゃ、絶対にこうしなきゃという偏った自我の思いからは完全に解放されます。


本当の愛(I am that I am)の状態では、他者に愛されていることで愛を感じるものではありません。存在自体が愛そのもの。ただあるだけで歓びそのものなんです。


そして、それが無条件の愛そのものの、あなたです。


さらに、その状態で本当にときめく思いが生まれる。


絶対的なときめきが生まれるのです。わたしはこうだという。


それは、低次の自我の欲望とは、また違った感覚です。


もうあなたは戦う必要のない世界にあることに気づくでしょう。


頑張る(我を張る)必要のない世界にあることに気づくでしょう。


なぜなら、あなたは、~のせいで気分が悪い、~のせいで幸せになれないといった、自我の常にいまから逃れ、幸せであることを何かに依存し、何かを否定するゲームから卒業するからです。


つまり、本当はいつもいまにあり、完全に自立した状態にあったことに気づくんですね。


わたしの気分は何かに、誰かに、物事に左右されるものではなく、


わたしは常に歓びであり、幸せであり、豊かであり、うれしくあり、すべてである。


そして、わたし自身が何であるか、何を表現するかは、


誰かに、何かに、目に見えないものに決めてもらうことではなく、


わたしが決める。


そう、いま、このとてもうれしく自由な状態にあるんです。





「いま。すでにそうであるわたしを生きる」



多くの光の存在たち、キリスト、聖母マリア、マグダラのマリア、大天使たちと呼ばれる光の表現も、あなたが創造したものであり、あなたのひとつの光の要素であり、あなたでもあるものだと気づく。


神は光であり、あなたもまた神なのです。


そして、あなたは光の愛のときめきのままに生きる。


この生を存分に楽しみ、あなた自身を自然に表現しながら。


これが、わたし自身を生きることであり、あなたがこの肉体をもった唯一の目的です。


わたしが好きな歌に、ルイ・アムストロングさんが歌った「What A Wonderful World」があります。


彼はライブ版の歌い出しで、こう話しています。


「ときどき若い連中にこう言われる。 なぁ、おやじさんよ。この世界のどこが素晴らしいんだ? 戦争が頻発し、飢餓に苦しむ人たちがいて、世界中のあちこちで環境汚染が問題になっている。とても素晴らしき世界とは思えないね。でも、ちょっとおやじの話も聞いてくれ。世界が悪いんじゃない。 素晴らしき世界は実現するさ。大事なのは、愛さ。みんながもっと自分を愛せば、問題は解決するさ。そうなれば最高だね。だからオレはこの歌を歌うんだ」




ここでは、光の愛のままに、あなたが新しいあなたへと変容していく自然な気づきを促すことを、新しいエネルギーでサポートしています。




あなたの世界を救うのは、あなた以外にいない。




あなたの世界を癒すのは、あなた以外にいない。




そして、あなたの世界を天国にするのも、あなた以外にいないのです。






プロフィール

晏れい子(あん・れいこ)● いまから20年以上前になるでしょうか。30代のはじめ。夢のなかである一冊の本を読む。光がフラッシュのように眼の前に現れては消えていき、読み終わったあと、「生きるとはこんなにも簡単だったんだ…!」と安堵とともに感動する。2008年7月。「ありがとう」と思えることに、「ありがとう」を言うことを約3か月ほど続けると、ある日突然、強烈な光の体験をする。その様子は、Over The Rainbowでも触れています。10日間ほど光の体験をし、現肉体とつながる。その後、本当の自分と、周波数の低い自分の違いに戸惑いながらも、ヤハウェ、イエシュア、マリア、マグダラのマリアなど多くの光の存在たちのサポートにより、統合し、進化を続け、ニューエナジーアーティストとしてI am that I amを生きる。 この10年、いろんな世界を観ました。マインドの世界も、引き寄せの法則や潜在意識の書き換え、ヒーリングなどスピリチュアルのさまざまな世界も。どうして人間が独りで向き合うことが難しいのか、どうして感謝が分からなくなってしまったのか、統合された状態とはどういうことか、いろんなことを知る旅だったように思います。 結局、ことばにすると「ありがとう」に始まり、「ありがとう」がさらに深まり、生きるとはとてもシンプルなことだと気づきました。

いま、もっとも鍵である、あなたという宇宙が独立し、一人ひとりのキリストシードの開花(愛・ありがとう)を、愛の光とともに新しいエネルギーにてサポートしています。







古い脳からの卒業






 人間の 生 死、輪廻転生からの卒業

 古い分離の夢からの卒業

 誰かの 世間の"真実"(信念体系)からの卒業

 家族・先祖の古い絆(肉体・精神の遺伝的カルマ)からの卒業

 こうじゃなきゃいけないといった人間性(性格)・性別(男・女)からの卒業

 人間の 予測・目的・意図からの卒業

 引き寄せの法則からの卒業

 アファメーションや潜在意識の書き換えからの卒業

 霊能、サイキックからの卒業

 運命 占い パワーストーンなどのグッズ お札(ふだ)など 目に見えぬ存在 ソウルグループへの依存からの卒業

 ハイアーセルフといった概念からの卒業

  ありとあらゆる宗教からの卒業

 スタイルに縛られた瞑想 何かにすがる祈りからの卒業

 すべての教え 説教 古いタイプの教師 グル 古い神の概念 教義 哲学からの卒業



 100%の信頼、疑いのない状態のとき

 豊かさ・健やかさ・美しさ、それは自然なあなた自身の表現になる

 歓び 限られた次元からの卒業 多くの次元を統合し 幻想からリアルへ





●「卒業」と表したのは、古い二元の極端な否定ではなく。あなたという愛が統一されるにつれ外側のものにパワーを預ける幻想から卒業していきます。
●「人間」という枠の中に生きているときは、信頼が明確に分からないため、無意識に外側の多くのものに「自分」を依存し、その「自分」に同化しています。「卒業」と表現したのは、「否定」ではなく。これらのゲーム(ドラマ)に埋没しているのが人間なのです。
●人間の、地球に近い領域のマインドに縛られているうちは、それらを楽しむことができないのです。
●多くの次元が一致し、神である人となるにつれ、「依存」から「調和」へと変化していきます。古い関係性ではなく、新たな愛によるサポートをしあう世界に移行します。
●すべては、あなたという新たな宇宙に新たに光として統一されます。
●すべてである歓びのままの、リアルワールドへ。「魔術師」から、「世界」へ。 新しいエネルギーの世界に。